大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 起業 > お金をかけずに起業するには

コラム

起業

2014/10/30

お金をかけずに起業するには


起業に最低限必要な資金について

事業を始めるには資金が必要です。
起業するには、公的機関へ届出をすることが必要となり、その費用が最低限必要な資金となります。

届出をするための費用の明細は

会社の形態には株式会社と合同会社があります。
これにより届出の費用に差が生じますが、手続きの手順やその明細は概ね同じ内容となっています。

まず公証役場に、会社の定款を認証してもらうための手数料50,000円、とその印紙代40,000円、謄本代2,000円程度がかかります。
合同会社なら、手数料と謄本代金は発生しません。

次に法務局へ届出をするにあたり、登録免許税が課せられます。
株式会社なら最低150,000万円、合同会社の届出なら、最低60,000円となり資本金の1,000分の7に相当する金額がそれを上回ればその金額を支払います。
登記事項証明書代が1通600円、印鑑証明初代が1通450円です。

さらにコストを削減するには

以上の届出に必要な金額は、電子認証システムを利用することでコストを削減することが出来ます。
公証役場への届出に電子認証システムを利用すれば、株式会社、合同会社の両方とも40,000円の定款印紙代が無料となります。
電子認証システムを利用するには、専用ソフトの購入代金約15,000円が必要になります。
税理士事務所に届出を委託すれば、同額程度の金額で、登録手続き全てを委託出来ることもあります。
自分で手続きをする手間や時間が節約出来て効率的です。


最近のコラム

2014/11/13

中西会計事務所

中西会計事務所はJDL IBEX出納帳やJDL IBEX会計といったソフトの導入サポートを行っている、会社経営における負担を軽減させることを第一に考えています。…続きを読む

2014/11/13

村角末義税理士事務所

昭和50年に事務所を設立した村角末義税理士事務所は、土地柄、法律事務所のクライアントが多く、弁護士の方々も提携している信頼と信用ある税理士事務所です。 税務や…続きを読む

2014/11/13

梅田総合会計事務所

お客様との相性のあう深い付き合いをしていく梅田総合会計事務所は、単に会計処理を中心に進めていく会計事務所ではなく、まるでかかりつけ医のような経営相談中心型の会計…続きを読む

2014/11/13

森田昌子税理士事務所

1988年開業の森田昌子税理士事務所の森田氏は、顧客と従業員を愛する事、常に自分に磨きをかけておく事を大切に、税理士としての職業的倫理観を常に持ち、仕事を行なっ…続きを読む

2014/11/13

高砂会計事務所

高砂会計事務所は、毎月顧客のもとを訪れる巡回監査を行なっています。 この巡回監査をする事により、顧客からの信頼度を高める事が出来ます。 それと同時に、顧客先…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧