大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 起業 > お金をかけずに起業するには

コラム

起業

2014/10/30

お金をかけずに起業するには


起業に最低限必要な資金について

事業を始めるには資金が必要です。
起業するには、公的機関へ届出をすることが必要となり、その費用が最低限必要な資金となります。

届出をするための費用の明細は

会社の形態には株式会社と合同会社があります。
これにより届出の費用に差が生じますが、手続きの手順やその明細は概ね同じ内容となっています。

まず公証役場に、会社の定款を認証してもらうための手数料50,000円、とその印紙代40,000円、謄本代2,000円程度がかかります。
合同会社なら、手数料と謄本代金は発生しません。

次に法務局へ届出をするにあたり、登録免許税が課せられます。
株式会社なら最低150,000万円、合同会社の届出なら、最低60,000円となり資本金の1,000分の7に相当する金額がそれを上回ればその金額を支払います。
登記事項証明書代が1通600円、印鑑証明初代が1通450円です。

さらにコストを削減するには

以上の届出に必要な金額は、電子認証システムを利用することでコストを削減することが出来ます。
公証役場への届出に電子認証システムを利用すれば、株式会社、合同会社の両方とも40,000円の定款印紙代が無料となります。
電子認証システムを利用するには、専用ソフトの購入代金約15,000円が必要になります。
税理士事務所に届出を委託すれば、同額程度の金額で、登録手続き全てを委託出来ることもあります。
自分で手続きをする手間や時間が節約出来て効率的です。


最近のコラム

2014/11/13

金尾浩爾税理士事務所

大阪や奈良を中心に顧客企業の繁栄と発展のために全力サポートしている金尾浩爾税理士事務所は、会計や税務や経営相談を行なっています。 まずは経営の合理化をすすめ、…続きを読む

2015/11/18

税理士・経営者・保険パーソンの勉強会&交流会を開催!(11月17日本町 沖縄リゾートダイニング菜美ら にて)

2015年11月17日 第5回目となる『税理士セレクション大阪』主催の交流会を開催いたしました。 今回の会場は本町にある沖縄リゾートダイニング菜美らさんの…続きを読む

2014/11/13

林公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関として認定されている林公認会計士・税理士事務所は中小企業にとって経営コンサルタントとして信頼できる事務所です。 事業を新しく始める際に夢の実…続きを読む

2014/10/30

ベンチャーキャピタルの特徴まとめ

ベンチャーキャピタルとは 成長の見込めるベンチャー事業に対して資本を提供することを主な目的としている会社や組織のことをベンチャーキャピタルと言います。 起業…続きを読む

2014/10/30

青色申告に必要な提出書類と資料の保管

青色申告の提出書類 個人事業などで起業をすると、サラリーマンとは違い自分で所得税の申告を行わなければなりません。 確定申告をする方法は白色申告と青色申告があ…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧