大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 経理 > ゴルフ代は交際費として認められるか

コラム

経理

2014/10/30

ゴルフ代は交際費として認められるか


ゴルフ代は経費となる

ゴルフと言うとレジャーな一面があるため、経費として計上することはできないと思われがちですが、実はゴルフ代も経費とすることが可能です。
基本的にはゴルフは複数人で行われますから、その中には必ず仕事と関係のある人も含まれているはずです。
そこでは仕事に関する情報交換も行われることがあるでしょうし、中には新しい顧客の獲得という一面もあるでしょう。
そういう理由から、ゴルフ代を経費とすることは可能なわけなのです。
ちなみに社員だけとゴルフに行った場合などは交際費とは認められないので経費とすることはできませんので注意しましょう。

交際費とは

交際費というのは、接待費や機密費など、業務上付き合いのある相手に対する支出という意味合いがあります。
従って、同業者間や取引先との相手とゴルフをすることは交際費として認められるというわけです。
また、個人事業主であってもそのゴルフが業務に関わりがあるかぎり経費とすることができます。
しかしこの場合でも、あくまで個人的な趣味でゴルフをする場合は交際費として認められないので経費にはできません。
この交際費も個人事業主であれば限度はありませんが、法人の場合は会社の売り上げによって限度が設けられています。
どのような状況が交際費になり、また交際費はどの程度まで認められるのか、税理などに相談して知っておくことも大切なことだと言えるでしょう。
とは言うものの、ゴルフに興じるのもいいですが、あまり本業をないがしろにしない程度に抑えておくことも経営者の務めでもあります。


最近のコラム

2014/10/30

記帳代行のメリットとは

記帳代行サービスとは 経理代行サービス企業や税理士事務所などがおこなっているのが記帳代行サービスです。その名の通り会計ソフトへの記帳を代行するもので、領収書や…続きを読む

2014/11/13

細川総合パートナーズ

相続問題に詳しい細川総合パートナーズは、相続に関してお困りの方に向けて、相続税額シミュレーションの無料個別相談会を行なっています。 相続税の申告について、生前…続きを読む

2014/11/13

斉藤好江公認会計士・税理士事務所

斉藤好江公認会計士・税理士事務所は依頼者である経営者の目線で経営上の悩みも含め、共に検討し、克服への道へと導き、共に繁栄していく身近なパートナーとしての会計事務…続きを読む

2014/10/30

生命保険と生命保険料控除を知ろう

生命保険料控除とは 1年間払い込みをした保険料の一定額が、所得税と住民税の対象となる所得から控除できる制度で、利用すると控除額が増えるため、節税の効果がありま…続きを読む

2014/11/13

小川泰彦公認会計士事務所

小川泰彦公認会計士事務所は大阪市西区にある事務所です。 この事務所では「FESC」という4つのステップによって高品質なサービスを提供しています。 「F」は「…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧