大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 起業 > ニュースメディアでも話題に!偶発債務って何?

コラム

2016/04/21

ニュースメディアでも話題に!偶発債務って何?


Dollarphotoclub_78736841

シャープのニュース取り上げられた偶発債務

2016年2月25日の臨時取締役会で鴻海の買収案を受け入れたシャープの決議直前に、3,500億円もの偶発債務という問題が勃発するようになりました。

銀行側にリストの説明をしているシャープでは、偶発債務に対して「発生リスクが低いものがほとんどのため、巨額の隠れ債務ではない」と説明しています。

今回は、そんなシャープのニュースで知られるようになった偶発債務の概念について、わかりやすく説明していきます。

偶発債務とは?

偶発債務とは、「一定の事由によって将来的に債務になるかもしれない」と考えられる債務の総称です。

偶発債務が生じる条件の中には、「被保証債務の不履行」や「手形の不渡り」、「敗訴判決の確定」などがあります。

また会計処理の観点から考えると、生じる可能性の低い偶発債務は、貸借対照表の当該債務の部分で注記をする必要がありますので、経理担当者への周知徹底をすることも事業主の大事な役割と言えそうです。

これに対して発生する可能性の高い偶発債務の場合は、貸倒引当金などという形で形状する必要があります。

保証債務と偶発債務の違いとは?

保証債務は、「債務の保証を行った際に使われる勘定科目」を指す用語です。

債務の保証時に使用される保証債務勘定には、現在債務として確定していない偶発債務の備忘録的な役割を担う性質があります。

基本的に簿記上の取引には該当しない債務の保証となりますが、将来的に確定するかもしれない偶発債務の存在を明らかにするために、保証をした債務額を「保証債務勘定」と「保証債務見返勘定」という貸借一対の対照勘定を使って記帳する必要があることを忘れないようにしてください。

まとめ

一般の人には少し考え方の難しい偶発債務の問題は、商業簿記2級の「債務の保証」というカテゴリで登場する概念です。

会社の経理事務を担う担当者には絶対に覚えるべき項目としても定評がありますので、車内の貸借対照表を整備するためにも、その役割や仕分けの方法について確認しておいたほうが良いかもしれません。

またどうしても偶発債務の概念が理解できない場合は、社内経理にミスや問題が発生しないうちに税務関係のプロフェッショナルである税理士に相談した方が良いと言えるでしょう。


最近のコラム

2014/11/13

村角末義税理士事務所

昭和50年に事務所を設立した村角末義税理士事務所は、土地柄、法律事務所のクライアントが多く、弁護士の方々も提携している信頼と信用ある税理士事務所です。 税務や…続きを読む

2016/03/28

フリーランス必見!支払調書と源泉徴収票の違いと役割

個人事業主が混同しやすい支払調書と源泉徴収票 支払調書や源泉徴収票は、「誰にどのぐらいの金額を支払ったのか?」を税務署に提出する法定調書に含まれる書類です…続きを読む

2014/11/13

日本公認会計士協会近畿会

日本公認会計士協会近畿会は財務諸表監査を主とした保証業務の信頼性を確保し、公認会計士が活躍出来る場を創出するといった目的を元に立ち上げられたのです。 地域社会…続きを読む

2014/10/30

事業の承継と相続

相続・事業承継とは 長く事業を続けていれば、いずれ事業を後継者に引き継ぐタイミングがやって来ます。家庭内での財産相続はよく知られていますが、事業を引き継ぐこと…続きを読む

2014/11/13

新井和彦税理士事務所

新井和彦税理士事務所では、「ゴーイングコンサーン」という企業会計の用語を実現すべく、日々お仕事をされています。 「ゴーイングコンサーン」というのは「企業は社会…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧