大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 税金 > フリーランスにありがちな確定申告ミスとペナルティとは?

コラム

2015/04/03

フリーランスにありがちな確定申告ミスとペナルティとは?


フリーランスに必要不可欠な確定申告とは?

フリーランスや個人事業主の義務とも言える確定申告は、前年1年間の所得を確定させ、そこにかかる税金の申告を行うという事務手続きです。

申告期間は毎年2月~3月とされており、この手続きに向けた準備や領収書の管理をしておくことが、フリーランスにとって大きな事務作業と位置づけられるようになりました。

近年ではオンラインで確定申告ができるようになり、多忙な毎日を過ごす皆さんでも手続きが行いやすい時代となっています。

脱税や申告ミスがペナルティに繋がることもある

確定申告で最も悪いと位置づけられているのは、確信犯とも言える「脱税」です。

脱税のペナルティは非常に高いことで知られており、過少申告加算税や重課税などが積み上げられていくため、最終的に税額の50%以上もの金額が加算されるケースもあると言われています。

また無申告や延滞についてもペナルティが課されることもありますので、「うっかりミス」という状況の無いように、慎重かつ丁寧に作業を進める必要があると言えるでしょう。

どんなミスが多いのでしょうか?

確定申告のミスで最も多いのは、「領収書の全てが経費になる」と勘違いしているケースです。

中には、仕事と全く無関係な領収書を添付して税務署から注意される事例もありますので、常識をわきまえた事業主であるためにも、「経費にできるもの」について再確認しておいた方が良いと言えるでしょう。

また一般人が見ても明らかにおかしい数字が記載されている場合も、税務調査や訂正申告の必要性が出てきますので、税務署から指摘を受けないためにも、確定申告に関する知識や手続きを再確認しておいた方が良いと言われています。

確定申告全般について不安や疑問がある場合は、税理士セレクションを上手に活用して、自分のニーズに合った税理士を見つけてみてください。

税理士と二人三脚で手続きを進めていけば、税務署から指摘されるようなミスも一掃できます。


最近のコラム

2014/10/30

少額投資非課税制度「NISA」を活用するための注意点

「NISA」って何? NISA(ニーサ)とは、2014年1月から始まった新しい制度のことで、株式投資や投資信託にかかる金額100万円分が毎年非課税になるという…続きを読む

2014/11/13

ウィン合同会計事務所

平成5年から、税理士事務所一筋のウィン合同会計事務所は、その名称から、共同出資事業者というわけではありません。 それは、仏教の理念の中にある、自分がその修練で…続きを読む

2014/10/30

個人事業で使われる「勘定科目」について

個人事業の経理処理 個人事業主は、毎年税金を納めなければならないので、事業における経理はきちんと行う必要があります。 最近では、市販の会計管理ソフトを使えば…続きを読む

2014/10/30

事業の承継と相続

相続・事業承継とは 長く事業を続けていれば、いずれ事業を後継者に引き継ぐタイミングがやって来ます。家庭内での財産相続はよく知られていますが、事業を引き継ぐこと…続きを読む

2014/11/13

山田由美子税理士事務所

山田由美子税理士事務所では、税理士業務として、記帳指導、記帳代行、決算業務、税務調査の立会い、給与計算、年末調整など行なっています。 また、労働保険や社旗保険…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧