大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 税金 > 中小企業に嬉しい設備投資減税とは

コラム

税金

2014/10/30

中小企業に嬉しい設備投資減税とは


設備投資減税とは

中小企業が事業のために機械装置などを導入した場合、中小企業投資促進税制が適用されます。この税制によって減税されることを「設備投資減税」と呼び、通常の減価償却費に特別償却をプラスする方法、または取得価格の税額控除を選択して減税させることが可能です。
事業のために新しい設備を導入するのが難しいという中小企業でも、減税されることで積極的に設備・資産を導入できるようにするのが狙いです。

設備投資減税の対象となる資産

投資促進税制の適応対象となる資産は機械装置、電子計算機やデジタル複合機、試験・測定機器などの器具備品、測定・検査工具、ソフトウェア、車輌、船舶で、いずれも新品に限られています。
また対象設備の種類によっては機械装置の場合で160万円以上、ソフトウェアで70万円以上、車輌は総重量3.5トン以上など、金額や総重量に関して要件が設定されています。器具備品、工具、ソフトウェアに関しては1つの金額ではなく、複数台の合計で設定された金額を上回っていれば減税の対象となります。

中小企業が使える設備投資減税は主に5種類

中小企業投資促進税制のほかにも、生産性向上設備投資促進税制、商業・サービス業・農林水産業活性化税制、生産等設備投資促進税制、環境関連投資促進税制の5つで、業種や設備の種類などによって適用対象が異なります。
中小企業によっては嬉しい節税になり、また設備投資によって事業の拡大、資金調達なども可能になる制度なので、顧問税理士などと相談しながら積極的に利用していきましょう。


最近のコラム

2014/10/30

大阪のバーチャルオフィス紹介

バーチャルオフィスとは バーチャルオフィスはしばしばレンタルオフィスと混同されがちですが、バーチャルオフィスの場合はオフィス自体を借りたりする必要がないという…続きを読む

2015/11/06

マイナンバー導入のフリーランスへの影響

マイナンバーはフリーランスにも影響する!? 2016年1月から運用スタートとなるマイナンバーは、フリーランスや個人事業主の事務手続きにも大きく関係する制度…続きを読む

2014/11/13

栗谷会計事務所

栗谷会計事務所とは、昭和63年に大阪市天王寺区大道という場所に開業された、社会福祉法人会社の会計援助に特化した事務所です。 具体的には、保育所や老人ホームなど…続きを読む

2014/11/13

新島会計事務所

新島会計事務所は、創業50年という老舗の会計事務所です。 50年という長い間創業を続ける事が出来たのは、新島会計事務所の会計業務の確かさが近隣の経営者から支持…続きを読む

2014/11/13

石井徳税理士事務所

税理士の石井德(いしいいさお)さんが代表を務める石井德税理士事務所があります。 大阪市天王寺区にある事務所です。 業務内容は個人向けのものから法人向けの…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧