大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 経理 > 交際費と会議費の違いを理解しよう

コラム

経理

2014/10/30

交際費と会議費の違いを理解しよう


交際費と会議費の違い

忘年会・新年会シーズンや贈答品が多くなる季節になると、経理の頭を悩ませるのが接待交際費と会議費の違いではないでしょうか。どちらも同じような分類にしてしまいそうですが、どのような内容なら会議費として認められるのか、なぜ2つに分類しなければならないのか、しっかり把握しておく必要があります。
税務上の交際費とは、得意先や仕入れ先といった関係のある業者などに対し、贈答、慰安、接待などをおこなうときに支出する費用のことです。
それに対して税務上の会議費とは、会議をするための室料や資料代、食事代・弁当代・飲料代など会議のための出費になります。

交際費・会議費の違いは中身だけ?

交際費と会議費で内訳が異なることはわかりましたが、同じ飲食に関する費用を2つに分けて計上するには理由があります。
中小法人では会議費はすべての金額を経費、つまり損金として計上できますが、交際費は支払いした金額のうち800万円までしか経費として計上できないのです。
経費として計上できる上限が設けられていないため、会議費として計上できるものはすべて会議費で計上した方が節税できることになります。しかし先に紹介したとおり、交際費と会議費の振り分けにはルールや制限があり、交際費・会議費として計上できない費用があることに注意しましょう。
たとえば得意先などに配布・贈与するためのカレンダーやタオルなどの物品はノベルティーなので宣伝広告費に、従業員の慰安としておこなわれる旅行や運動会などに関する費用は福利厚生費となります。”


最近のコラム

2014/10/22

税理士とは?

税金のことはご存知ですか? 所得税や法人税・消費税などの馴染みのあるものから、酒税やたばこ税など普段意識をしていないものまで様々です。 多種多様な税金、知ら…続きを読む

2014/11/13

西会計事務所

西会計事務所では記帳指導と代行・税務調査立会・決算業務といった基本的な支援を常に行っていますし、経営コンサルティングに関するサポートも始めている為こちらの方に関…続きを読む

2014/10/30

お金をかけずに起業するには

起業に最低限必要な資金について 事業を始めるには資金が必要です。 起業するには、公的機関へ届出をすることが必要となり、その費用が最低限必要な資金となります。…続きを読む

2014/11/13

奥典久税理士事務所

法人、個人関係なく、税務や会計の顧問としてアドバイスを行なっている奥典久税理士事務所は、経営のサポートとして確定申告や年末調整を始め、すべての会計、税務業務をサ…続きを読む

2014/11/13

脇阪会計事務所

脇阪会計事務所は巡回監査・経営助言・企業防衛・といった業務を担当しており、今日でも悩みを抱えた企業経営者が連絡を入れ始めています。 巡回監査では定期的に会計専…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧