大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 税金 > 会社経営に必要な経費と税金についての知識

コラム

税金

2014/10/30

会社経営に必要な経費と税金についての知識


健全な会社経営をするために

会社を倒産させないためには、会社の財務を常に健全な状態に保っておかなければなりません。
最大のポイントは売上を出すことですが、それだけではなくバランスよく経費を使うことも大切です。
経費とは、財務会計上では、「製品の製造原価を構成する原価要素で、材料費、労務費以外のものを言う」と定義されています。
そして税金は様々な場面で発生します。
経費と税金についてその仕組みをよく知っておくことが会社の財務の健全化につながり、倒産を防ぐことにつながります。

経費とは、税金とは

会社経営をすると、それに伴いお金が必要になります。
具体的には、通勤費や家賃、事務用品代、光熱費、交通費や打ち合わせ飲食代や接待交際費などがあります。
これらをまとめて経費と呼んでいます。
そしてこれらの経費には、物品購入には消費税といったように、税金が課せられているものもあります。
会社は、これらの経費や税金を支払った残りを利益として計上し、その利益には額に対して40%の法人税が摘要されます。

経費と税金のバランスを上手くとるために

このように会社経営では、経費の発生は避けて通れないものですが、この経費を極力節約して利益を出しても、その利益に税金が課せられることになります。
経費をどこまで節約し、税金をいくら支払うかといったバランスを上手く取ることが、会社経営のポイントとなります。
税理士は、会社経営のバランスのとり方について、経理の専門知識の立場から経営者に第3者目線でアドバイスを行ってくれます。


最近のコラム

2014/10/30

株式会社の資本金とは?

資本金とは これまでは会社の設立に伴って、用意する資本金の額が決められていました。 例えば株式会社なら1,000万円の資本金を、有限会社であれば300万円の…続きを読む

2014/10/30

外形標準課税って何?

外形標準課税とは 法人に課せられる税金のうち、法人税は国税で住民税や事業税は地方税です。 法人税は基本的に企業の利益に対して課せられるもので、企業の規模にか…続きを読む

2014/11/13

小辰克彦税理士事務所

小辰克彦税理士事務所では記帳指導・経営支援・税務相談及び申告といった処理を始めており、同時に月次訪問による対応も行う為これから会社経営の状態を整えたい方々には好…続きを読む

2014/11/13

西松税理士・中小企業診断士・行政書士事務所

「西松税理士・中小企業診断士・行政書士事務所」は、スタッフの全員が女性という非常に珍しい税理士事務所です。 その業務内容は多岐に渡っていて、節税相談や記帳代行…続きを読む

2014/10/22

税理士の業務

それでは、税理士の業務とは、具体的にはどのようなものがあるのでしょう? 税理士の業務は、税理士法第2条により、 ①税務代理 ②税務書類の作成 ③税務…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧