大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 会社設立 > 個人事業から法人化する損益分岐点の目安は

コラム

会社設立

2014/10/30

個人事業から法人化する損益分岐点の目安は


損益分岐点とは

グラフで売上高と費用を表した際に、売上高と費用のグラフが交差する点を損益分岐点で、売上高と費用が等しくなっている状況のことです。
つまり、交差している点よりも右が利益の出る範囲で左側が損益を出す範囲となります。

この損益分岐点は、その企業の体質がどれだけ不況に強いものなのかを示す上でも重要だとされています。

実際、個人事業主やフリーランスの場合は、損益分岐点について知らないという人も少なくありませんが、損益分岐点を知ることで事業目標を明確に設定する上では大切なものでもあります。

個人事業から法人化にする損益分岐点

では、個人事業から法人化するにあたっての損益分岐点はどこでしょうか。
そう書くとちょっと分かりにくくなってしまいますが、要するに個人事業から法人化する場合どの辺りからが得なのでしょうか。

個人事業の場合、儲けがあればあるほどそれにかかる税率もアップしていきます
所得税や住民税、それに事業税などを合わせて最高で55%の税金がかかります。

これを法人にあてはめて考えてみると、課税所得が400万円を超えるのであれば法人の方が税金は低くなります
また仮に売上高が1,000万円だとすると、個人事業では2年後から消費税が課税され、法人の場合は法人化されてから最初の2年間に限っては消費税の支払いが免除されます。

こうしてみると、個人事業から法人化する損益分岐点は売上高1,000万円と課税所得400万円というところがひとつの目安と言えそうです。
損益分岐点の計算は個人だと少々ややこしい部分もありますので、税理士に相談してみた方が確実でもあります。


最近のコラム

2014/11/13

細見博司税理士事務所

細見博司税理士事務所は法人及び個人で経営を行っている企業を初めとした税務・会計業務のサポートを行ってくれる事務所となります。 特に企業を運営していくうえで必要…続きを読む

2014/11/13

大西公認会計士事務所

大西公認会計士事務所は徹底した「顧客第一主義」を掲げている事務所です。 平成18年に開設された比較的新しい事務所です。 経営理念として「自利利他」を掲げ…続きを読む

2014/10/30

個人事業で使われる「勘定科目」について

個人事業の経理処理 個人事業主は、毎年税金を納めなければならないので、事業における経理はきちんと行う必要があります。 最近では、市販の会計管理ソフトを使えば…続きを読む

2014/10/30

青色申告と白色申告の違いとは

青色申告と白色申告の違い サラリーマン時代とは違い個人事業やフリーランスとして起業すると所得税などの申告は自分で行わなければならなくなります。 確定申告の方…続きを読む

2014/11/13

菅俊晴税理士事務所

菅俊晴税理士事務所は、中小企業の顧問として20年間積み重ねてきた豊富な経験と実績から、信頼できる経営サポートを納得の価格で提供することができます。 事業内容や…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧