大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 経理 > 個人事業で使われる「勘定科目」について

コラム

経理

2014/10/30

個人事業で使われる「勘定科目」について


個人事業の経理処理

個人事業主は、毎年税金を納めなければならないので、事業における経理はきちんと行う必要があります。
最近では、市販の会計管理ソフトを使えば、指示に従って売上や経費を入力するだけで経理業務が出来てしまう便利なツールが増えています。
これらのソフトの利用に加えて、顧問税理士から専門知識を教えてもらうことで、個人事業の会計処理はとても楽に進められるようになりました。

個人事業における「勘定科目」

個人事業での経理処理は、「売上」、「売上原価」、「経費」の3つに大きく分けられます。
「売上」には、「売上高・売上金額」と商品を自分が使った場合の「家事消費」、そして商品売上以外の「雑収入」の3つに分けることが出来ます。

「売上原価」には、「仕入高」と「期首・期末棚卸高」があります。

「経費」には、税金の支払い分「租税公課」、「荷造り運賃」、「水道光熱費」、「通信費」、「広告宣伝費」、「接待交際費」、「保険料」、「修繕費」、「消耗品費」、「減価償却費」、「福利厚生費」、「給料」、「外注工費」、「利子、支払利息」、「地代家賃」、「貸倒金」、「雑費」などです。

会計ソフトの利用と税理士

事業における経理業務は、不慣れなことが多く間違いも多くなります。
会計ソフトを使用しても、使ったお金がどの経費にあてはまるかどうかの判断は自分がしなければなりません。
このような場合、顧問税理士契約を結んでおけば、税理士に経理処理についてアドバイスを受けられますし、業務全体のチェックを受けることも出来て間違いがわかれば早急に対処出来るようになります。


最近のコラム

2014/11/13

鈴置会計事務所

鈴置会計事務所は相続税申告専門の事務所として活動を行い続けている所であり、常に高品質のサービスを行い続けている為有名になりました。 またどこよりも効率的に業務…続きを読む

2015/04/22

好循環がうまれる事業年度と決算期の決め方とは?

事業年度と決算期を決めましょう 会社経営をしていく際には、会社の事業年度と決算期を決めて、年間の経費や売上の集計を行わなければなりません。 この両者は、…続きを読む

2014/11/13

ほむら綜合会計事務所

人々の幸せに貢献する事を理念としているほむら綜合会計事務所は、訪問介護、看護、高齢者住宅などの課題解決を得意分野としています。 飲食業や小売業、製造業において…続きを読む

2019/03/27

会社に好循環をもたらす!キャリアアップ助成金とは?

キャリアアップ助成金とは? キャリアアップ助成金は、契約社員、派遣社員、パートタイマー、アルバイトといった非正規雇用の従業員を対象とした、キャリアアップを…続きを読む

2014/10/30

合同会社を設立する前に知っておきたいこと

合同会社とは 合同会社という言葉には馴染みが無いという人もいるかもしれませんが、会社設立を考えているならこの名前は知っておいた方がいいでしょう。 以前までは…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧