コラム

経理

2014/10/30

役員報酬と税金について


役員報酬額と資金繰りについて

役員報酬は、経営者や役員が受け取るお金のことです。
役員報酬は、事業の粗利益に対する役員報酬の割合を設定して支払額を決める会社が多くなっています。
会社は、事業の利益に対して法人税や事業税、法人市民税・県民税を支払っています。
事業の利益の中から、いくらかを役員報酬として支払うと、これらの税金の金額を低く抑えることが出来ますが、役員報酬を受け取った人は、個人で所得税を支払うことになります。
会社は、次年度の会社の資金繰りも考えて、事業で出た利益の中から役員報酬を設定しますが、この時支払う税金についても考慮しなければなりません。

役員報酬額の決定と節税の関係

個人事業主で年間所得が400~800万円だと、法人税は所得金額の18%、事業税が7.24%、法人市民税が2.21%、法人県民税が0.9%、合計28,35%の税金を支払うことになります。
所得の内いくらかを役員報酬として支払うと、報酬を受け取った役員はその金額に対して所得税と住民税を支払うことになります。
役員報酬の額を変えると、会社と個人がそれぞれ支払う税金の総額も変わる為、会社は出来るだけ税金の額が抑えられた役員報酬の金額を決定する必要があります。

税理士からアドバイスを受ける

役員報酬は、会社の業績が良くても悪くても、原則としてその事業年度の途中で報酬額を変更出来ない決まりとなっています。
もし、金額を変更すれば、損金不算入とみなされ法人税が加算されることもあるため、注意が必要です。
税制のプロフェッショナルの税理士なら、適正な役員報酬金額のアドバイスをすることが出来ます。
節税対策のアイデアに加えて、利益を次年度にどう活かすかといった質問にも具体的に答えてくれるので、経営戦略や予算が立てやすくなります。


最近のコラム

2014/11/13

平田税理士事務所

平田治さんが代表を務める「平田税理士事務所」という税理士事務所があります。 サービスの内容は税務全般の代理、経営アドバイス、会計ソフト・資金繰り表作成など…続きを読む

2014/11/13

ハマベ会計事務所

ハマベ会計事務所は創業期・成長期・成熟期といった会社の成長に合わせて支援内容を変えるようにし、依頼者の企業が理想的な状態となれるよう支援を始めます。 創業期で…続きを読む

2014/11/13

加賀会計事務所

加賀会計事務所は開業してまだ10年にも満たない都島でも比較的若い会計事務所ですが、着実に実績を積む事で地域から信頼を得る事に成功しています。 加賀会計事務所の…続きを読む

2014/10/30

生命保険と生命保険料控除を知ろう

生命保険料控除とは 1年間払い込みをした保険料の一定額が、所得税と住民税の対象となる所得から控除できる制度で、利用すると控除額が増えるため、節税の効果がありま…続きを読む

2014/11/13

仰星大阪事務所

仰星大阪事務所は主に中小企業の事業計画策定や研修講師派遣業務といった支援を行っており、会社を立ち上げたがまだ環境が安定していない方々が契約を結び始めました。 …続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧