大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 会社設立 > 株式会社の設立にかかる費用はどのくらい?

コラム

会社設立

2014/10/30

株式会社の設立にかかる費用はどのくらい?


1円では株式会社を設立できない

株式会社を設立するためには様々な手続きが必要となり、それに伴う費用も発生します。
よく、「株式会社でも資本金が1円から設立できる」という謳い文句から「会社は1円で設立できるんだ」と思いこんでいる人も少なくありません7.
しかし、それはあくまでも資本金の話で、手続き等にかかる費用はまた別のものになるのです。

実際にかかる費用

基本的には、法務局での登記で最低でも150,000円、公証役場における定款に関わる費用は定款印紙代が40,000円と定款認証の手数料が50,000円、定款謄本取得代が1枚250円となります。
定款印紙代の場合はPDFによる電子定款であれば不要となりますから、無駄な出費は極力避けたいと考えるのであれば紙ではなく電子定款で作成したほうがよいでしょう。
その他、銀行での残高証明書の取得などで1,000円ほど、登記謄本の取得で1通1,000円ほど、印鑑証明書の取得が1通数百円、会社の印鑑を作成したりなどの諸経費が少なくとも50,000円程度は見積もっておきましょう。
定款印紙代を含めた場合、株式会社の設立にかかる費用は関単に見積もっても30万円程度はかかるということになります。
資本金に関しては確かに1円からでも可能ではありますが、資本金1円に対してすでに30万円の負担をしているとなると、設立当初から社長借入金というものが発生してしまうことになるのです。
こうなると後々の会計処理などが少々面倒になってくることもあるので、後になって後悔しないためにも設立前に税理士などへ相談しておくというのもおすすめです。


最近のコラム

2014/10/30

不動産所得は青色申告がお得

青色申告とは 個人事業主やフリーランスなどで絶対に避けられないと言えるのが確定申告です。 確定申告には白色申告と青色申告とがあり、報酬が20万円以上ある場合…続きを読む

2014/11/13

大阪中央税理士事務所

新規会社設立のときにトータルサポートしてくれるのは大阪中央税理士事務所です。 起業には何かと経費がかかるのもですが、会社設立にかかる費用が大阪中央税理士事務所…続きを読む

2014/11/13

若生税理士事務所

若生税理士事務所では確定申告や医療費控除に関する問い合わせ及び支援を行っていますから、これから問題解決を始めたい方々との相性は最良です。 法人税・消費税・地方…続きを読む

2014/10/30

交際費と会議費の違いを理解しよう

交際費と会議費の違い 忘年会・新年会シーズンや贈答品が多くなる季節になると、経理の頭を悩ませるのが接待交際費と会議費の違いではないでしょうか。どちらも同じよう…続きを読む

2014/11/13

奥村昭彦税理士事務所

経営情報が満載の『月刊マネジメント倶楽部』は毎号バリエーションが豊富で、社会の流れに即したフレッシュな情報がたくさん含まれており多くの経営者が愛読している冊子で…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧