コラム

会社設立

2014/10/30

株式会社の資本金とは?


資本金とは

これまでは会社の設立に伴って、用意する資本金の額が決められていました。
例えば株式会社なら1,000万円の資本金を、有限会社であれば300万円の資本金を準備する必要があったのです。
しかし現在ではその枠も取り払われており、資本金はいくらでも構わないということになっています。
そもそも資本金というのはその額によって会社の強さを示すものでもあります。
資本金が100万円の会社よりも、1,000万円の会社の方が運転資金が豊富ということになるわけです。

資本金は大きければ大きいほど運営も楽になる

企業を運営していくと資金が必要になったりすることは多々あります。
そうなると金融機関などから借入を検討しなければならなくなることもあるでしょう。
金融機関側から見た場合、資本金が100万円の会社と500万円の会社とでは信用性も変わってくるのです。
当然ながら資本金が500万円の会社の方が融資を受けるのに有利となります。
ちなみに、資本金にも消費税が課税されますが、資本金が1,000万円未満であれば2年間の免除期間を受けることができますので知っておいて損はないでしょう。
また、設立する会社でどのような事業を行うのかによっても、準備する資本金には注意する必要があります。
事業によっては国などから許認可を受けなければならないものもありますし、事業によっては最低限用意しなければならない資本金の額があるのです。
せっかく設立したのに資本金が足りなかったなどということが無いように、税理士などの専門家と話し合いをしておくことも視野に入れておきましょう。


最近のコラム

2014/11/13

日下会計事務所

日下会計事務所は相続税還付から対策までサポートを行ってくれますし、建設業支援業務といった対応も始めているので依頼者数は急増しました。 親しみやすい・分かりやす…続きを読む

2014/11/13

柿埜税務会計事務所

柿埜税務会計事務所は、大阪市福島区で60年以上のキャリアを誇っている税務会計事務所です。 その業務内容は、一般の税務会計事務所と同じく起業に関する支援を行う「…続きを読む

2014/11/13

新大阪総合

ベテラン税理士とベテランFPで構成されている新大阪総合は、平成21年に創業ですが、それまでの高い実績と経験を誇るメンバーで構成されており、顧客からは熱い信頼を受…続きを読む

2014/11/13

竹村聡税理士事務所

天神橋税理士法人は大阪市北区に事務所を構える、相続税を専門とした事務所です。 高齢化社会・相続税の増税に伴い、相続税への関心が高まっています。 実際、天神橋…続きを読む

2014/11/13

斉藤好江公認会計士・税理士事務所

斉藤好江公認会計士・税理士事務所は依頼者である経営者の目線で経営上の悩みも含め、共に検討し、克服への道へと導き、共に繁栄していく身近なパートナーとしての会計事務…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧