コラム

経理

2014/10/30

正しい領収書の作成


領収書の役割

領収書には、代金を支払ったことを証明する役割と、既に支払い済みである取引に対して再度請求を受けるのを防ぐ役割があります。
領収書は、手書きで会社の捺印がされてものから、店で購入した際のレシート、電子メールで送られてきたものまで色々な種類があります。

領収書の記載内容

領収書には、日付、宛名、受領者(会社名と住所が記載されたもの)、金額が必要になります。
金額は、書き換え防止のため、金額の頭に「¥」か「金」をつけ、末尾には、「也」または「※」をつけ、3ケタごとにコンマを記入し、数字の間を出来るだけ狭くして、間に数字を書き込めないようにしておきます。

金額については、「品代」ではなく、出来るだけ詳細に記入するか、複数ある時は、明細書を添付するか、その中でも金額の割合の高いものについて表記します。
「上様」という宛名書きでは、税務調査時に領収書として認められないことがあります。

領収書と印紙について

領収書は、印紙税法に基き定められた課税文書の1つとなっています。
領収書の金額が受け取り金額3万円以上なら、印紙を貼らなければなりません。
もし領収書作成中にミスが出て、作成しなおしたら、間違った分については捨てずに残しておき、修正分とあわせて保管しておかないと売上計上漏れとして税務署からチェックが入ることもあります。
領収書は連番をつける、請求書とセットにして照合がすぐに出来る様に保管しておきましょう。


最近のコラム

2014/11/13

石原健次税理士事務所

石原健次税理士事務所とは、大阪市天王寺区上汐に建てられている税理士事務所で、ネット上の検索サイトでも盛んに紹介されています。 この事務所を経営している税理士は…続きを読む

2014/10/30

会社設立のための大まかな流れを知っておこう

会社設立までの大まかな流れ 会社設立のためにはまず会社の商号や事業の目的を決めなければなりません。 商号というとやや難しい印象を受けますが、会社の名称と言い…続きを読む

2014/11/13

斉藤好江公認会計士・税理士事務所

斉藤好江公認会計士・税理士事務所は依頼者である経営者の目線で経営上の悩みも含め、共に検討し、克服への道へと導き、共に繁栄していく身近なパートナーとしての会計事務…続きを読む

2014/11/13

久保総合会計事務所

久保総合会計事務所は名前の通り、さまざまな資格を持った人が在籍しています。 税理士、公認会計士、行政書士、社会保険労務士はもちろんのこと、ファイナンシャルプラ…続きを読む

2014/10/30

事業計画書の書き方のポイント

事業計画書の意義 会社の設立にあたって事業計画書の作成はとても大事な意味を持ちます。 事業をスタートさせたのはいいけれどなかなかうまくいかないといったケース…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧