コラム

経理

2014/10/30

決算の進め方


決算とは

決算とは、1年間の収入及び支出を集計し、利益や損失の額を算出して会社の財産状況を明らかにすることです。
そして会社は決算で出た利益金額を元に、税金を支払います。
決算日は会社で自由に設定することが出来ますが、大半の会社は3月末日を決算日としているところが多いようです。

決算書類にはどんなものがあるの

決算書類には、貸借対照表(バランスシート、B/S)、損益計算書(プロフィット・アンド・ロスP/L)、キャッシュフロー計算書(キャッシュフローステートメント、C/S)、株主資本等変動計算書(s/s)などやこれらの書類に添付される附属明細書があります。

これらの書類を作成するには、それぞれポイントがあります。
例えば、各勘定科目の残高を照合するには、資産と負債の各項目において現物、明細書、帳簿があっているかどうか、抜けや記入ミスがないかを確認します。
役員の給料や交際費及び福利厚生費、諸会費、保険料、リース料、修繕費などの科目は税務調査を受けた時に問題を指摘されることが多い科目なので、取り扱いには注意が必要です。
個人事業主レベルなら、税理士に相談すれば決算処理まで行える会計処理ソフトを提供してもらえて、その使い方や内容のチェックをしてもらえます。

決算をスムーズに行うために

個人で起業すると専門知識に乏しい経理分野の仕事は滞りがちになります。
そのため経理処理でわからないことがあれば、専門知識を持った人にいつでも相談できるように体制を整えて必要があります。
起業時から、税理士と顧問税理士契約を結んでおけば、必要な時にアドバイスを受けることも、業務代行をしてもらうことが可能になり決算もスムーズに進みます。


最近のコラム

2014/11/13

岩佐明美税理士事務所

岩佐明美税理士事務所は主に企業運営における税務調査を行ってくれる事務所であり、起業したての会社からベテラン企業に至るまで全ての税務関係の仕事を引き受けてくれます…続きを読む

2014/11/13

あさひ会計事務所

新規企業を立ち上げる際信頼できるが会計事務所は『あさひ会計事務所』で、会社設立には豊富な経験が備わっています。 設立時に欲しい知識は助成金についてですが、各企…続きを読む

2015/06/17

贈与税の課税の方法

平成27年1月1日よりの相続税が増税となりました。 将来支払い生じる相続税の対策として相続させる財産を減らすため、生前に財産を贈与される方が増えて…続きを読む

2014/11/13

堂本会計事務所

堂本会計事務所の所長、堂本道信さんは公務員を退職して税理士になられました。 なぜ公務員を辞めてしまったのかというと、阪神淡路大震災があったからだそうです。 …続きを読む

2014/11/13

祐盛吉田会計事務所

祐盛(すけもり)会計事務所は、税務に関する仕事全般を幅広く請け負っている税理士事務所です。 開業のための資金集めや創業した際に帳簿の付け方など、会社経営に関す…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧