大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 税金 > 【要確認】相続税が得意な税理士は全体の1/4以下

コラム

2015/03/26

【要確認】相続税が得意な税理士は全体の1/4以下


平成27年において相続税が増税となり、日増しに注目される相続税。

家族のため、そろそろ税理士に相談でもと考えられる方も多いのではないでしょうか?

ただし、税理士には得手不得手があり、相続税は、苦手な税理士も多いです。

その理由として、以下の2つの点が考えられます。

1.税理士になるための税理士試験において相続税は必ず受からないといけない税目ではありません。そのため、全く相続税を勉強しなくても税理士になれてしまう点

2.税理士一人あたりにつき、相続税の申告を行う案件が極端に少ないため、実地だけで相続税を学ぶのは、困難な点
※税理士1人が1年間に取り扱う相続税の申告件数は平均0.7件と言われています。その結果、相続税を本当に扱える税理士は税理士全体の1/4と言われています。

相続税が得意な税理士は全体の1/4以下

相続税を低く抑えるためには、生前からコツコツと長い年月をかけて相続税対策を行うことが必要です。

相続税が得意でないと、適切な相続税対策が行えないのではないでしょうか?

コツコツと長い年月をかけて相続税対策を行うためには、長い年月親身になってくれる、長い年月付き合える人柄も大切ではないでしょうか?

相続税の知識や経験、加えて人柄の全てを満たす税理士は税理士全体の1/4以下である事は間違いありません。


最近のコラム

2014/10/30

電子定款を作成するには?

電子定款とは 会社の設立に必要な定款ですが、定款には書面の他にPDFファイルによる電子定款も認められています。 電子定款にするメリットとしては定款の認証を公…続きを読む

2015/01/13

法人税とは

法人税とは、法人が稼いだもうけ(所得)に対して課せられる税金であり、もうけ(所得)に対して税金が課せられるという意味で広義の所得税ともいわれます。 (1)…続きを読む

2014/11/13

新島会計事務所

新島会計事務所は、創業50年という老舗の会計事務所です。 50年という長い間創業を続ける事が出来たのは、新島会計事務所の会計業務の確かさが近隣の経営者から支持…続きを読む

2014/10/30

事業計画書の書き方のポイント

事業計画書の意義 会社の設立にあたって事業計画書の作成はとても大事な意味を持ちます。 事業をスタートさせたのはいいけれどなかなかうまくいかないといったケース…続きを読む

2017/01/19

平成24年に改正!会社員に嬉しい特定支出控除の特徴とは?

特別支出控除とは? 特別支出控除とは、サラリーマンでも業務にかかる支払い経費の控除ができる、少し特殊な制度です。 平成24年制度改正の対象となった特…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧