大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 起業 > 起業時に活用できる補助金・助成金

コラム

起業

2014/10/30

起業時に活用できる補助金・助成金


補助金・助成金とは

補助金や助成金というのは融資とは違い返済の義務がないのが特徴です。
起業には様々な費用が必要となりますから、補助金・助成金を上手に活用するのもひとつの方法です。

ものづくり・商業・サービス補助金

これは専門性の高いものづくりを考えている起業家におすすめです。
機械装置費や試作品などにかかる費用、原材料費などを最大1,500万円まで補助してくれるシステムで、各地域の中小企業団体中央会に申し込みます。

小規模事業者持続化補助金

商工会議所の指導や助言を受けつつ販路の拡大を目指す小規模事業者を対象とした補助金制度です。
最大で50万円の補助金を受けることができ、従業員が5名以下なら優先的に利用することができます。

特定求職者雇用開発助成金

起業してからどうしても人手が必要となった時に、シングルマザーや障害者などを雇用する際に受けることができる助成金です。
こうした人材の中にはスキルが高いのに雇用場所が見つからないという人も多いので、意外な戦力を発掘できるチャンスとも言えます。
最大で240万円の助成を受けることができ、雇用対象者にこだわらなければおすすめの助成制度です。

トライアル雇用奨励金

従業員は働きながら仕事を覚えてくれればよいという考えを持っているならトライアル雇用奨励金もおすすめです。
トライアル雇用は一定期間雇用した後に、雇用を継続するかしないかを従業員と話し合って決めることができます。
この制度では従業員1人につき、月額で最大4万円の奨励金を受け取ることができます。


最近のコラム

2014/11/13

前田税務会計事務所

前田税務会計事務所は相続に関する相談を無料で受付していますし、会社設立及び開業支援を行ってくれるので、これから企業を立ち上げたい方々が利用し始めました。 また…続きを読む

2014/11/13

奥村昭彦税理士事務所

経営情報が満載の『月刊マネジメント倶楽部』は毎号バリエーションが豊富で、社会の流れに即したフレッシュな情報がたくさん含まれており多くの経営者が愛読している冊子で…続きを読む

2014/10/30

公認会計士と税理士の違いとは?

公認会計士と税理士…資格の違い 公認会計士になるには、国家試験に合格して資格を取得し、公認会計士として登録する必要があります。公認会計士の資格者は税理士の国家…続きを読む

2014/11/13

共生会計

共生会計では税務・経理サービスや会計ソフトの1種である早業シリーズの導入から使用方法の指導といった支援を始めています。 税務・経理サービスは個人と法人のそれぞ…続きを読む

2014/11/13

河村税理士事務所

河村税理士事務所では経営情報支援サービスというサービスを行っています。 そのサービスでは、法令文書のほかさまざまなビジネス文書のフォーマット集、企業経営者・経…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧