大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 税金 > 配偶者控除ってどんな制度なの?

コラム

税金

2014/10/30

配偶者控除ってどんな制度なの?


配偶者控除とは

収入のない、または少ない配偶者がいる場合、納税者の所得金額から所得税・個人住民税の控除をおこなう制度です。
配偶者控除における配偶者とは、納税者と法的に婚姻して生計をひとつにしている人のことで、配偶者の給与所得控除を差し引いた所得が年間38万円以下である場合に配偶者控除の対象となります。
法的に婚姻関係にない、いわゆる「内縁」の妻や夫の場合は、配偶者控除における配偶者としては認められていません。

配偶者控除「103万円の壁」とは

配偶者控除について調べると、よく出てくるのが「103万円の壁」という言葉です。これは年間所得を103万円までに抑えなければ、配偶者控除を受けることができないという意味で使われるものです。
控除を受けられる所得は38万円以下なのに、103万円とは?これは給与所得控除が関係しています。
アルバイトやパートで働きに出ると、さまざまな食費や被服費などさまざまなお金がかかります。この必要経費を一律に控除しようというのが給与所得控除で、給与所得控除の額は給与の額によって異なりますが、最低でも65万円が認められています。年間65万円の所得がある人は給与の65万円から65万円が控除され、所得は0円ということになるわけです。
その65万円が控除された所得が38万円になるには、38万円に控除の65万円をプラスした103万円、これが「103万円の壁」です。
ただし給与所得控除はアルバイトやパートで給与をもらっている場合のみで、自営業などは該当しないので注意しましょう。


最近のコラム

2014/10/30

事業の承継と相続

相続・事業承継とは 長く事業を続けていれば、いずれ事業を後継者に引き継ぐタイミングがやって来ます。家庭内での財産相続はよく知られていますが、事業を引き継ぐこと…続きを読む

2014/11/13

若生税理士事務所

若生税理士事務所では確定申告や医療費控除に関する問い合わせ及び支援を行っていますから、これから問題解決を始めたい方々との相性は最良です。 法人税・消費税・地方…続きを読む

2014/10/30

ビジネスを軌道に乗せるための予算計画ついて

予算計画作成の必要性 起業したら、とにかく一生懸命やればいいと思っているだけでは会社はすぐに倒産してしまいます。 会社を倒産させないためには、資金が十分にあ…続きを読む

2015/04/01

資本金はいくらが良い?会社設立時の軍資金を徹底解説!

軍資金(資本金)とは何でしょう? 資本金とは、会社が事業を始める際に持っている運転資金の総称です。 ビジネス雑誌などでは、「資本金が会社の規模や体力…続きを読む

2014/11/13

細川総合パートナーズ

相続問題に詳しい細川総合パートナーズは、相続に関してお困りの方に向けて、相続税額シミュレーションの無料個別相談会を行なっています。 相続税の申告について、生前…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧