大阪の税理士 紹介なら税理士セレクション > コラム > 税金 > 配偶者控除ってどんな制度なの?

コラム

税金

2014/10/30

配偶者控除ってどんな制度なの?


配偶者控除とは

収入のない、または少ない配偶者がいる場合、納税者の所得金額から所得税・個人住民税の控除をおこなう制度です。
配偶者控除における配偶者とは、納税者と法的に婚姻して生計をひとつにしている人のことで、配偶者の給与所得控除を差し引いた所得が年間38万円以下である場合に配偶者控除の対象となります。
法的に婚姻関係にない、いわゆる「内縁」の妻や夫の場合は、配偶者控除における配偶者としては認められていません。

配偶者控除「103万円の壁」とは

配偶者控除について調べると、よく出てくるのが「103万円の壁」という言葉です。これは年間所得を103万円までに抑えなければ、配偶者控除を受けることができないという意味で使われるものです。
控除を受けられる所得は38万円以下なのに、103万円とは?これは給与所得控除が関係しています。
アルバイトやパートで働きに出ると、さまざまな食費や被服費などさまざまなお金がかかります。この必要経費を一律に控除しようというのが給与所得控除で、給与所得控除の額は給与の額によって異なりますが、最低でも65万円が認められています。年間65万円の所得がある人は給与の65万円から65万円が控除され、所得は0円ということになるわけです。
その65万円が控除された所得が38万円になるには、38万円に控除の65万円をプラスした103万円、これが「103万円の壁」です。
ただし給与所得控除はアルバイトやパートで給与をもらっている場合のみで、自営業などは該当しないので注意しましょう。


最近のコラム

2014/11/13

平田税理士事務所

平田治さんが代表を務める「平田税理士事務所」という税理士事務所があります。 サービスの内容は税務全般の代理、経営アドバイス、会計ソフト・資金繰り表作成など…続きを読む

2014/11/13

杉本庄吉税理士公認会計士事務所

杉本庄吉税理士公認会計士事務所は、開業してから30年という長きに渡る間、その契約継続率が98%という驚異の継続率を誇っている会計事務所です。 なぜ、これほど杉…続きを読む

2014/10/30

銀行対策・資金繰り支援は信頼できる税理士に

銀行対策・資金繰りとは 起業をする人はもちろん、自営業や中小企業などには欠かせないのが銀行からの借り入れ、つまり資金調達です。事業計画書などを作成し、借り入れ…続きを読む

2014/11/13

あらい会計事務所

あらい会計事務所には、ほかの事務所とは大きく異なる点が一つあります。 それはカウンセラー資格を保有していることです。 そのため、経営者ならではのさまざまな悩…続きを読む

2015/04/24

退職金にも税金がかかる!確定申告と計算法を詳しくご紹介!

退職金にも税金がかかります 会社を辞めた時に支払われる退職金を受け取った時にも、税金がかかってきます。 このページでは、退職金に関わる税金や確定申告につ…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧