コラム

経理

2014/10/30

飲食代金の仕分けについて


飲食代金の勘定科目について

会社が営業活動を行う中では、様々な飲食が発生します。
これらの飲食は、内容や1人当たりの金額によって勘定科目の仕分けがバラバラになります。
飲食代金によっては税金が発生するものもあり、これらの経費の処理には注意しなければなりません。
会計ソフトを導入していても、経費の仕分けは人間が判断するため間違いが発生します。
これを防ぐには税理士や会計士から仕分けのアドバイスをもらうとよいでしょう。

飲食代金の仕分け例

飲食代金の支払いは、勘定科目を設定し出金処理をします。
いくつか事例を紹介しますと、当日急に残業が発生し、夜に夕食代わりの弁当を食べた時の代金は、福利厚生費に該当します。
1ヶ月の金額が3,500円以内と規定されています。

会議やセミナーに出席して、弁当を食べた時、目安として一人当たり3,000~5,000円までの金額なら、会議費として計上できます。
これが、もし一人当たり5,000円を超えると交際費扱いになり、税金が課せられます。

会社で飲むお茶やコーヒー代は、福利厚生費で処理します。

正しい経費処理と管理

飲食代金の処理は、税務調査でも最もチェックが厳しい項目の1つです。
これらの代金処理には、必ず日付の入った領収証が必要になります。
また、いつ、どこで、誰と(相手先)誰が(会社の担当者)何人で食事をしたのかといった明細が記入されていなければなりません。
中小企業では、特にこの経費の管理がゆるいと、経費が膨らみ経営を圧迫しかねない状況になるため、予算内に抑えるよう努力しなければなりません


最近のコラム

2014/10/30

起業時に活用できる補助金・助成金

補助金・助成金とは 補助金や助成金というのは融資とは違い返済の義務がないのが特徴です。 起業には様々な費用が必要となりますから、補助金・助成金を上手に活用す…続きを読む

2014/10/30

ベンチャーキャピタルの特徴まとめ

ベンチャーキャピタルとは 成長の見込めるベンチャー事業に対して資本を提供することを主な目的としている会社や組織のことをベンチャーキャピタルと言います。 起業…続きを読む

2014/11/13

金尾浩爾税理士事務所

大阪や奈良を中心に顧客企業の繁栄と発展のために全力サポートしている金尾浩爾税理士事務所は、会計や税務や経営相談を行なっています。 まずは経営の合理化をすすめ、…続きを読む

2014/10/30

事業計画書の書き方のポイント

事業計画書の意義 会社の設立にあたって事業計画書の作成はとても大事な意味を持ちます。 事業をスタートさせたのはいいけれどなかなかうまくいかないといったケース…続きを読む

2014/10/30

話題の「ふるさと納税」をお得に利用する方法

ふるさと納税とは さまざまな特産品をもらうこともできる特典が魅力として、話題になっている「ふるさと納税」。納税と聞くと税金のように勘違いしてしまいがちですが、…続きを読む

カテゴリ一覧

コラム一覧